So-net無料ブログ作成
検索選択

4/18 三多摩労争連春季総決起集会 参加呼びかけ [その他の闘争日誌]

page001.jpg

page002.jpg

4/18 三多摩労争連春季総決起集会
            ドキュメンタリー映画
「いのちの森 高江」上映
┌───────────────────────────────────────┐
│日時 2017年 4月18日(火)                                                  │
│資料代 300円   午後6時半開場                                              │
│映画 7時~「いのちの森 高江」                                                   │
│監督:謝名元慶福 ナレーション:佐々木愛 /65分                                │
│「住民の戦中戦後の高江の話                                                     │
│あり、ヘリパッド建設地をふ                                                     │
│くむ高江の上空からのドローン撮影あり、アキノ隊員の森の                         │
│話あり。すばらしい内容です。」(高江 Iさん投稿より)                           │
│★集会後半 連帯あいさつ、基調報告、決意表明                                  │
│ 9時終了予定                                                                  │
│会場 国分寺労政会館 第三会議室                                                 │
│ JR中央線「国分寺駅南口下車徒歩5分                                           │
└───────────────────────────────────────┘

 沖縄の高江・辺野古では大量の機動隊員を全国の警察からかき集め、新たな米軍基地建設への反対運動に対して厳しい弾圧が行われました。今でも不当に長期拘留されたままの仲間もいて、人権団体アムネスティも即時釈放を求める声明を出すまでになっています。力で基地反対の声を押しつぶし、米国の戦争政策に協力し、日本の軍事力も強化しようという今の安倍政権の姿勢を許してはなりません。今回の決起集会では高江のヘリパッド建設反対運動を、空撮も織り込んで丁寧に描いた映画「いのちの森 高江」を上映します。
 現在、労働者の非常勤化がどんどん進み、まともに生活するのも難しい貧困層が増大する一方、史上空前の利益を上げる企業や資本の飼い犬同然の労働者の立場には立たない御用組合も増えています。こんな労働運動では私たちは生きていくことも難しくなります。一人の労働者の首切りも許さず、あくまで資本と闘い続ける立場の労働運動が今こそ必要です。そういう労働運動が大きくならなければ、電通で起きた社員の過労自殺などの悲劇がまた繰り返されます。基地問題と労働運動のあり方について問う集会にご参加下さい。どなたでも参加出来ます。

主催・連絡先 三多摩労組争議団連絡会議 
〒190-0012 立川市曙町3丁目19−13-104 三合労気付けTEL  042-526-0061 メールアドレスunion@agate.plala.or.JP

 国分寺労政会館地図
所在地:東京都国分寺市南町3-22-10
電話番号:042-323-8515

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る