So-net無料ブログ作成
その他の闘争日誌 ブログトップ
前の5件 | -

望月衣塑子さんが自伝「新聞記者」を出す [その他の闘争日誌]

http://shinsho.kadokawa.jp/product/p-321707000063/
亡くなったお父さんは、業界紙の記者で北部共闘という左派の地域共闘組織の労働運動家でもあった。よく都内の会議で一緒になったが、あのオヤジ殿への畏敬も反発も色々あったんだな、と懐かしい想いも。彼女に興味ある方はご一読を。彼女の自伝である。

今後改憲攻撃に立ち向かうためにも、こういうジャーナリストが一人でも増えて欲しい。まだブレイク前に一回呼んで講演してもらい、横田デモにも途中まで付き合ってもらいすごく良かったと思う。決して彼女は英雄でも天才でもない。欠点も多くある一記者なのだが、時代に真摯に向き合い闘い続ける人間の一人なのだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「憲法を武器として ~恵庭事件 知られざる 50 年目の真実」10/19 池袋HUMAXシネマズ [その他の闘争日誌]

これは面白そうだ。戦争法反対運動の中ですら個別的自衛権容認、自衛隊は必要という声は多かった。そんな時代に改めて軍隊とは?戦力とは?戦争とは?9条の意義とは? を問いたい。(管理人)

「憲法を武器として ~恵庭事件 知られざる 50 年目の真実」
首都 特別上映会 案内
「いま 自衛隊と日本国憲法を問う」
喫緊のテーマを伝える映画、 首都 東京で初めての特別上映会です。
日本の将来選択の選挙中だからこそ、ぜひご覧ください。
日時:10 月 19 日(木)18 時 15 分~ 開場:18 時、受付開始:17 時 30 分~
場所:池袋HUMAXシネマズ 6(B2) 119 席
豊島区東池袋 1-22-10 ※劇場への問合せはお控え願います
入場料:1,500 円(お一 人・税込)
☆ガイドブック:1,000 円(当日会場にてお渡しします)
※入場料・ガイドブック分の現金を袋に入れてご持参願います。
予約・問合せ先:タキオンジャパン お名前・連絡先・人数をお知らせください
① inazuka@takionjapan.onamae.jp
② 03-6712-6341(FAX)
③ 090-3576-6644(稲塚)
のいずれかの方法でご連絡をお願いします。
当日の日程
上映:18 時 15 分~20 時 5 分
ゲストトーク:20 時 5 分~20 時 20 分 ※ゲストは後日ご案内いたします。
主催:株式会社タキオンジャパン 090-3576-6644(稲塚)

http://eniwahanketsu50.com/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/9 (月・休日) 映画×2と講演×2から基地・軍隊と反戦平和を考える 藤本監督のアピールあり [その他の闘争日誌]


10/9映画会ですが、藤本幸久監督(当日上映の「This is a オスプレイ」「This is a 海兵隊」監督)が東京に当日滞在し、急遽短いアピールをして頂けることになりました。
時間割はギリギリになるため午後の上映や講演開始がやや後ろにずれる可能性もありますが、ご了承下さい。

-*-*-*-*-*-*-*-
立川自衛隊監視テント村・立川反戦ビラ弾圧事件元被告
大洞俊之
HP http://www.geocities.jp/solea01/


10/9 (月・休日) 映画×2と講演×2から基地・軍隊と反戦平和を考える



日時 10月9日(月・休日)10時開場

会場 国分寺労政会館 第3会議室(JP中央線国分寺駅南口徒歩5分)
資料代 600円
主催 横田行動実行委 主催



タイムテーブル

10時開場 10時25分 司会あいさつ

10時30分~11時30分
「This is a オスプレイ」上映(60分2017年森の映画社)

11時30分~12時15分
池田五律さん(練馬アクション)のお話(予定45分)
「首都圏自衛隊の再編・自衛隊はどこへゆく」 

12時15分~12時40分 藤本幸久監督アピール & 映画「辺野古ゲート前の人々」予告編(15分)上映

質疑後 12時50分終了

昼休み 12時50分~13時 ★昼休みが全くなくなる可能性もありますが、場合によっては午後 上映開始時間および講演開始時間を後ろに少し倒します。主催者側で適宜判断しますのでよろしくお願いします。

13時00分 「This is a 海兵隊」上映(57分2017年森の映画社)
14時00分 ダニーネフセタイさん(イスラエル国籍・「原発とめよう秩父人」などで活動・木工職人)のお話
「国のために死ぬのはすばらしい?」(予定1時間30分)

★書籍「「国のために死ぬのはすばらしい?」、原発いらない秩父人カレンダー2018も販売予定。

15時30分~15時40分 休憩

15時40分~16時10分 質疑 アピール(未定) 16時半 閉会

★講師ご多忙につき交流会は特に予定していません

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/9(月・休日)映画×2と講演×2から基地・軍隊と反戦平和を考える [その他の闘争日誌]

映画講演会のお知らせです。(管理人)
10/9(月・休日)映画×2と講演×2から基地・軍隊と反戦平和を考える
●朝鮮半島で緊迫した状況が続き、中東では内戦がやみません。私たちは沖縄の基地・首都圏の基地にどう向き合うべきか?平和をつくるには?戦争をやめさせるには何が必要なんだろう?映画と池田さん・ダニーさんの話を通して戦争と平和、軍隊、基地問題について考えて見ましょう。
┌─────────────────────────────────────┐ 
│ 日時 10月9日(月・休日)10時開場                                       │ 
│ 会場 国分寺労政会館 第3会議室(JP中央線国分寺駅南口徒歩5分)          │ 
│    (裏面地図) 資料代 600円                                      │ 
│ 主催 横田行動実行委 主催                                                │ 
└─────────────────────────────────────┘ 
    タイムテーブル
10時開場 10時25分 司会あいさつ後
「This is a オスプレイ」上映(60分2017年森の映画社)池田五律さん(練馬アクション)のお話(予定45分)
「首都圏自衛隊の再編・自衛隊はどこへゆく」 質疑後12時半終了
昼休み 12時30分~13時
13時00分 「This is a 海兵隊」上映(57分2017年森の映画社)
14時00分 ダニーネフセタイさん(イスラエル国籍・「原発とめよう秩父人」などで活動・木工職人)のお話
「国のために死ぬのはすばらしい?」(予定1時間30分)
15時30分~15時40分 休憩
15時40分~16時10分 質疑 アピール 16時半 閉会
連絡先 
★うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会 電話・FAX 042-592-3806(古荘)
★立川自衛隊監視テント村 メール tento72@yahoo.co.jp  
                           電話/FAX 042-525-9036/524-9863
郵送先  立川市富士見町2-12-10-504 テント村気付け 横田実
 ★配給元などよりの映画解説
森の映画社 藤本幸久・影山あさ子共同監督作品 製作・著作 森の映画社/2017年 上映権付DVD 1万円で販売中 Fax 011-351-1068 marinesgohome@gmail.com
 ≪This is a オスプレイ≫
沖縄県民の強い反対の中、2012年10月1日、米海兵隊普天間基地に強行配備されたオスプレイ。危惧されていたとおり、2016年12月13日、沖縄県名護市安部の海岸に墜落した。
オスプレイはなぜ落ちたのか。ジャーナリスト、研究者が分析する。
米軍北部訓練場に、全国から1000名の機動隊を動員して新たに作られたオスプレイ用のヘリパッド。ヘリパッドに取り囲まれた東村・高江の暮らしは、今、どうなっているのか。
千葉県木更津で整備が始まり、東京・横田基地への配備も決まったオスプレイ。
陸上自衛隊も17機の購入を決めた。
オスプレイは、日本中どこでも飛ぶ。日米地位協定で、米軍の飛行の自由が保障されているからだ。
   ≪This is a 海兵隊≫
沖縄の米軍基地の3分の2を占める海兵隊。彼らは沖縄でどんな訓練をし、どこで戦争をするのか。
ベトナム戦争からイラク戦争まで、元海兵隊員が語る沖縄での訓練と戦争の現実。尖閣で何かあった時、海兵隊は果たして、助けに来てくれるのか。前泊博盛、佐藤学、半田滋、屋良朝博ら、研究者、ジャーナリストがその問いに答える。
沖縄にいる海兵隊の次の戦場を決めるのは、誰なのか。
 ★講師紹介
池田五律さん  1960年生まれ。雑誌編集者を経て現在予備校講師。練馬アクションなど市民運動に関わる。著書に『海外派兵!―自衛隊の変貌と危険なゆくえ』(創史社)『地域からの戦争動員』(共著、社会評論社)など。
ダニーネフセタイさん イスラエル出身。イスラエルでは18歳になると男女問わずに徴兵される。母国では当たり前に思えた3年間の兵役生活後、アジアを旅行。立ち寄った日本で吉川かほるさんと出会い、結婚。現在、秩父郡皆野町で木工房「ナガリ家」を経営しながら平和・人権・脱原発問題などで多彩な講演活動をしている。昨年、初著作「国のために死ぬのはすばらしい?」(高文研刊) が出版され
た。
page001.jpgpage002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8/27ヨコタ「標的の島」上映&山城博治さん交流会 [その他の闘争日誌]

8/27ヨコタ「標的の島」上映&山城博治さん交流会のチラシができあがってきました。拡散希望&賛同募集中。

8月27日(日)  会場 さくら会館(JR青梅線牛浜駅東口徒歩5分 042-552-2123)
 10:30~12:30 「標的の島 風かたか」上映
 13:00~14:50  山城博治さんを囲む交流会
 入場料 1000円(交流会のみ参加の方は、資料代500円)
主催 第9次横田基地公害訴訟原告団&横田・基地被害をなくす会
連絡先  yokota_nakusukai@yahoo.co.jp  Fax 042-542-5625(基地被害をなくす会)
     電話 090-4227-8598(窓口 つかもと)img001.jpg




img003.jpg20294005_1363819400353369_2420048500250158605_n.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - その他の闘争日誌 ブログトップ
メッセージを送る