So-net無料ブログ作成
その他の闘争日誌 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

砂川の大地から とどけ平和の声2017 米 軍 基 地 の「返 還」を 問 う 米軍立川基地返還40周年記念 16ミリ映画上映と討論会 [その他の闘争日誌]

平和ひろばサイトから転載です。

砂川の大地から とどけ平和の声2017
米 軍 基 地 の「返 還」を 問 う 
米軍立川基地返還40周年記念 16ミリ映画上映と討論会 


2017年11月19日(日) 砂川学習館 
入場無料(資料代500円) 
1部:16ミリ映画上映/13:20~14:30 
2部:討論会/14:40~16:00 パネリストを交えての自由討論会

立川の広大な昭和記念公園はかつて米軍基地だった。それは主権者の 国民の声が排除されたかたちで生まれ、子どもたちの遊ぶ芝生の下に基地 の歴史が埋められている。
そもそも米軍基地の「返還」とは何か。アメリカと日本政府側との密約に よるー偽りのー「返還」で、私たちは真の平和を手に入れることができたの だろうか。1977年の米軍立川基地の「返還」をめぐって、当時の人々の「希 望」と「挫折」を、今を生きる私たちはどう理解し受け継ぐべきなのか。昨今 の社会動向と東アジア情勢に照らしあわせ、米軍基地の「返還」を根本から 問いただすことの意義は極めて大きい。
砂川闘争の地に集い、立川・横田・沖縄の米軍基地につらなる16ミリ映画 を鑑賞しながら、基地問題の核心に触れる時間を過ごしてみるのはいかが だろうか。

◎プログラム : 13:00~受付
1部:16ミリ映画上映/13:20~14:30 
「基地周辺」1972年・東京都映画協会 
立川基地返還にともなう自衛隊の暗闇のなかでの強行移駐。核戦争を想定した 横田基地の機能強化。東京における基地問題を現地でレポートする。
「阿波根昌鴻 伊江島のたたかい」1998年・映画文化協会 2巻のみ 
2002年、91歳で亡くなった阿波根昌鴻さんの最晩年の姿と肉声を記録した貴重なフィルム。沖縄基地問題の核心と平和運動の大切さに触れる感動作。
2部:討論会/14:40~16:00 パネリストを交えての自由討論会 
 A・トンプキンス / レイクランド大学(日本校)準教授・社会学
  鈴木鉄忠 / 中央大学講師・社会学 
 小多基実夫 / 反戦兵士と連帯する会代表・元航空自衛官 
 福島京子 / 砂川平和ひろば主宰
 (以上のパネリストを交えて自由討論会を行います) 
◎キーワード:偽りの「返還」(3分割有償払下げ方式)・主権在民/立憲主義から見た基地返還・基地問題の核心と解決策・東アジアの視座など。

基地は何のために、誰のためにあるのか。 基地が平和のためにあると言うのなら 誰ひとり人を殺しては、苦しめてはならない。 なのに、子どもたちが戦車に、トラックにひかれ 親たちは悲痛に苦しみ続ける。 基地がある限り・・・。

偽りのない、真の平和な子どもたちの未来のために。 今、私たち世代ができる事とは。

■主催:「砂川の大地から とどけ平和の声2017」実行委員会

問い合わせ:砂川平和ひろば 042-536-3167・木を植える会042-524-9863

〇砂川学習館 交通・アクセス 
 JR立川駅北口路線バス利用 ①③番停留所-砂川四番下車徒歩1分 
西武新宿線-武蔵砂川駅徒歩15分

*砂川平和ひろば16ミリ映画上映会の予告 「戦艦ポチョムキン」12月9日(土)13:00~15:30
 於:砂川平和ひろば(収穫祭同時開催)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11/23(木・休日) 立川「防災」航空祭反対  情宣行動への参加を! [その他の闘争日誌]

またしても右翼団体がゲート前での情宣を呼びかけています。人数は少なくなっていますが油断できません。こちらの抗議情宣への参加を!
11/23(木・休日)立川「防災」航空祭反対情宣行動への参加を!
 今年も「防災航空祭」という立川駐屯地のお祭りが行われます。「航空祭」「駐屯地祭」と名称は様々ですが、ほとんどの基地で行われ、住民の軍隊や戦争への反感を和らげ、宥和しようという狙いで行われています。近年立川では、駐屯地ゲート前に「在特会」などの外国人への差別をあおる団体が登場し、こちらの抗議情宣への妨害を行うようになってきました。 
 今年は米軍・自衛隊の艦船・軍用機の事故が相次いでいます。オスプレイもこの1年で4回も墜落などで機体を破壊する羽目になっています(イエメンのものだけは戦闘中に機体が破損したもの。米軍により爆破された。残りはすべて墜落事故)。自衛隊もこの危険なオスプレイを購入・2019年度から配備予定です。佐賀空港の配備が地元漁協の反対もあり遅れそうなため、関東にとりあえず配備されてしまう可能性もあります。また今年はヘリやイージス艦の事後が非常に多く起きています。危険なのはオスプレイだけではありません。基地や軍隊の存在そのものが災禍の源です。抗議の声を突きつけましょう!
┌───────────────────────┐                                  
│立川防災航空祭反対                            │                                  
│情宣行動                                      │                                  
│11月23日(木・休日)午前8時半            │                                  
│ 立川・曙1丁目公園集合                      │                                  
│ 移動後は                                  │                                  
│ 9時~10時 立川駐屯地ゲート前情宣        │                                  
│                                              │                                  
│集合の立川・曙1丁目公園は右上地図            │                                  
│(JR立川北口徒歩5分)(昭和記念公園        │                                  
│あけぼの口交差点の前の公園)                  │                                  
└───────────────────────┘                                  
呼びかけ 立川自衛隊監視テント村
立川市富士見町2-12-10-504
℡・FAX 042-525-9036・524-9863   
E-MAIL  tento72@yahoo.co.jppage001.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

望月衣塑子さんが自伝「新聞記者」を出す [その他の闘争日誌]

http://shinsho.kadokawa.jp/product/p-321707000063/
亡くなったお父さんは、業界紙の記者で北部共闘という左派の地域共闘組織の労働運動家でもあった。よく都内の会議で一緒になったが、あのオヤジ殿への畏敬も反発も色々あったんだな、と懐かしい想いも。彼女に興味ある方はご一読を。彼女の自伝である。

今後改憲攻撃に立ち向かうためにも、こういうジャーナリストが一人でも増えて欲しい。まだブレイク前に一回呼んで講演してもらい、横田デモにも途中まで付き合ってもらいすごく良かったと思う。決して彼女は英雄でも天才でもない。欠点も多くある一記者なのだが、時代に真摯に向き合い闘い続ける人間の一人なのだ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「憲法を武器として ~恵庭事件 知られざる 50 年目の真実」10/19 池袋HUMAXシネマズ [その他の闘争日誌]

これは面白そうだ。戦争法反対運動の中ですら個別的自衛権容認、自衛隊は必要という声は多かった。そんな時代に改めて軍隊とは?戦力とは?戦争とは?9条の意義とは? を問いたい。(管理人)

「憲法を武器として ~恵庭事件 知られざる 50 年目の真実」
首都 特別上映会 案内
「いま 自衛隊と日本国憲法を問う」
喫緊のテーマを伝える映画、 首都 東京で初めての特別上映会です。
日本の将来選択の選挙中だからこそ、ぜひご覧ください。
日時:10 月 19 日(木)18 時 15 分~ 開場:18 時、受付開始:17 時 30 分~
場所:池袋HUMAXシネマズ 6(B2) 119 席
豊島区東池袋 1-22-10 ※劇場への問合せはお控え願います
入場料:1,500 円(お一 人・税込)
☆ガイドブック:1,000 円(当日会場にてお渡しします)
※入場料・ガイドブック分の現金を袋に入れてご持参願います。
予約・問合せ先:タキオンジャパン お名前・連絡先・人数をお知らせください
① inazuka@takionjapan.onamae.jp
② 03-6712-6341(FAX)
③ 090-3576-6644(稲塚)
のいずれかの方法でご連絡をお願いします。
当日の日程
上映:18 時 15 分~20 時 5 分
ゲストトーク:20 時 5 分~20 時 20 分 ※ゲストは後日ご案内いたします。
主催:株式会社タキオンジャパン 090-3576-6644(稲塚)

http://eniwahanketsu50.com/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10/9 (月・休日) 映画×2と講演×2から基地・軍隊と反戦平和を考える 藤本監督のアピールあり [その他の闘争日誌]


10/9映画会ですが、藤本幸久監督(当日上映の「This is a オスプレイ」「This is a 海兵隊」監督)が東京に当日滞在し、急遽短いアピールをして頂けることになりました。
時間割はギリギリになるため午後の上映や講演開始がやや後ろにずれる可能性もありますが、ご了承下さい。

-*-*-*-*-*-*-*-
立川自衛隊監視テント村・立川反戦ビラ弾圧事件元被告
大洞俊之
HP http://www.geocities.jp/solea01/


10/9 (月・休日) 映画×2と講演×2から基地・軍隊と反戦平和を考える



日時 10月9日(月・休日)10時開場

会場 国分寺労政会館 第3会議室(JP中央線国分寺駅南口徒歩5分)
資料代 600円
主催 横田行動実行委 主催



タイムテーブル

10時開場 10時25分 司会あいさつ

10時30分~11時30分
「This is a オスプレイ」上映(60分2017年森の映画社)

11時30分~12時15分
池田五律さん(練馬アクション)のお話(予定45分)
「首都圏自衛隊の再編・自衛隊はどこへゆく」 

12時15分~12時40分 藤本幸久監督アピール & 映画「辺野古ゲート前の人々」予告編(15分)上映

質疑後 12時50分終了

昼休み 12時50分~13時 ★昼休みが全くなくなる可能性もありますが、場合によっては午後 上映開始時間および講演開始時間を後ろに少し倒します。主催者側で適宜判断しますのでよろしくお願いします。

13時00分 「This is a 海兵隊」上映(57分2017年森の映画社)
14時00分 ダニーネフセタイさん(イスラエル国籍・「原発とめよう秩父人」などで活動・木工職人)のお話
「国のために死ぬのはすばらしい?」(予定1時間30分)

★書籍「「国のために死ぬのはすばらしい?」、原発いらない秩父人カレンダー2018も販売予定。

15時30分~15時40分 休憩

15時40分~16時10分 質疑 アピール(未定) 16時半 閉会

★講師ご多忙につき交流会は特に予定していません

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | 次の5件 その他の闘争日誌 ブログトップ
メッセージを送る