So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

4/12(金)映画と報告会 「宮古島からのSOS」 ~自衛隊対艦対空ミサイル部隊の南西諸島配備問題を考える~ [その他の闘争日誌]

緊急ですが、以下のような映画と報告会を行います。辺野古の新基地建設問題と並行して南西諸島への自衛隊配備問題では大変な状況が進んでいます。安保体制と自衛隊増強に大きく反対の声を上げよう!

以下ビラから引用

4/12(金)映画と報告会

「宮古島からのSOS」
~自衛隊対艦対空ミサイル部隊の南西諸島配備問題を考える~

4/12(金)6時半開場
7時映画「宮古島からのSOS」上映(60分)
8時から宮古島現地訪問報告や奄美大島の状況などをレポート

会場 国分寺労政会館第三会議室
所在地:東京都国分寺市南町3-22-10 
電話番号 042-323-8515
資料代 500円(中学生以下無料)

 沖縄本島では県民投票の結果を無視するかのように辺野古の埋め立て工事が強行され続けていて、県民集会では大きな怒りの声が上げられました。一方南西諸島一帯の奄美大島・宮古島・石垣島に自衛隊の対艦対空ミサイル部隊の配備が進んでいる問題(石垣はこの3月着工。宮古・奄美は3月に駐屯地開設)はあまり知られていません。南西諸島一帯で戦争の危機を高める可能性のあるこの配備問題を考え、安保体制と自衛隊の際限のない増強に反対の声を上げましょう。

主催・連絡先 横田行動実行委員会
立川自衛隊監視テント村042-525-9036(TEL&FAX)
うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会. TEL:042-592-3806 (古荘)
〒190-0013 東京都立川市富士見町2-12-10-504 テント村気付
 メール tento72@yahoo.co.jp


page001.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4/16 三多摩労争連春季総決起集会 ミニアニメ「本当にこれでいいのですか?宮古島の軍事化」(18分)上映・現地レポ有り [その他の闘争日誌]

★今年の三多摩労争連決起集会の呼びかけです。現在南西諸島への自衛隊ミサイル基地建設の動きが急迫しています。宮古島・奄美大島では、3/26の陸自駐屯地開所へ向けて100台以上もの車両部隊が上陸、準備をはじめ、地元の市民運動でも抗議が続いています。この問題を扱ったミニアニメを上映します。ご参加を!

 

以下チラシから

4/16 三多摩労争連春季総決起集会
ミニアニメ「本当にこれでいいのですか?宮古島の軍事化」(18分)上映・現地レポ有り
┌───────────────────────────────────────┐
│日時 2019年 4月16日(火) │
│資料代 300円  午後6時半開場 │
│7時~7時半アニメ上映・宮古島 │
│現地を訪れてのレポート │
│★集会後半 連帯あいさつ、基調報告、決意表明  │
│ 8時45分頃 終了予定 │
│会場 国分寺労政会館 第三会議室JR中央線「国分寺駅南口下車徒歩5分 │
└───────────────────────────────────────┘
 厳しい情勢が続きますが、労働者の賃金は実際には実質減少していたことが暴露され、アベノミクスでうるおったものはごく一部の資本家でしかないことが明らかになりました。労働者の非常勤化、使い捨てが横行する中で労働運動をもっと活性化しなければなりません。
 一方で安倍政権は沖縄や全国民衆の強い抗議の声を無視して辺野古の新基地建設を強行しようとし、自衛隊の基地拡大・装備強化の動きも進めています。
 今年の労争連決起集会ではその基地拡大の動きの一つ、宮古島ミサイル基地問題を描いたアニメを上映するとともに労争連の向こう一年の展望を示した基調提起や連帯発言を予定しています。集会はどなたでも参加出来ます。
主催・連絡先
三多摩労組争議団連絡会議
〒190-0012 立川市曙町
3丁目19−13-104三合労気付け
TEL 042-526-0061
メール union@agate.plala.or.JP


 国分寺労政会館 :東京都国分寺市南町3-22-10
   電話番号 042-323-8515

page001.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月31日(日)伊達判決60周年集会 「砂川事件の現場で語られる真実」 [その他の闘争日誌]

月末の砂川現地集会のお知らせです(管理人)

 

3月31日(日)伊達判決60周年集会
「砂川事件の現場で語られる真実」


13時受付開始 砂川学習館 
13時半 「流血の記録砂川」上映
15時半 土屋源太郎氏(砂川事件元被告人)の現地解説

■主催:砂川平和ひろば
問い合わせ:砂川平和ひろば 042-536-3167 木を植える会 042-524-9863
〇交通:JR立川駅北口路線バス①③番バス停 砂川四番下車徒歩1分

 

チラシから

密約・秘密主義に葬られた歴史 砂川事件・伊達判決「法」と「裁き」の乖離を今に問う。

・・・田中長官は、伊達判決が支持されると思っている様子は見せなかった。それどころか、それは覆され、15人のうち、できるだけ多くの裁判官が憲法上の争点につき裁定することだと思っていた・・・。
・・・結審後の評議は、実質的な全員一致を生み出し、世論を“揺さぶる”素になる少数意見を回避するようなやり方で運ばれると付言した。
私は、日本政府が新安全保障条約の提出を12月開始の通常国会まで遅らせたのは、最高裁の当初目論んでいた初秋までに出す予定が―伊達判決によって―影響を受けたという情報を得た・・・加えて、社会主義者たちは、地裁法廷の米軍駐留は憲法違反であるとの決定に強くコミットしている。もし、最高裁が、地裁判決を覆し、政府側に立った判決を出すならば、新条約支持の世論は決定的となり、社会主義者たちは、政治的柔道の型で言えば、自分たちの攻め技が祟って投げ飛ばされることになろう。
ダグラス・マッカーサー二世(米駐日大使)

 

砂川事件の真実 2019.3.31_1.jpg砂川事件の真実 2019.3.31_2.jpg

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -